古関裕而のまち 福島市

古関裕而物語

The story of Yuji Koseki

古関裕而の誕生と福島商業学校時代

日本を代表する作曲家・古関裕而は、明治42年(1909年)8月11日、福島市大町にある市内有数の呉服店「喜多三」に生まれました。音楽好きだった父は、大正初期では珍しい蓄音機を購入し、余暇には主に浪曲のレコードをかけていました。これが古関裕而の音楽との出会いです。古関は民謡や吹奏楽が好きで、小学校の頃から作曲を始めるようになりました。古関は自伝の中で「教室の中ではおとなしく目立たない存在だったが、作曲となると夢中になるので、次第にクラスメイトは詩を書いて、私のところに持ってくるようになった。頼まれるから人の分まで作る。できると楽しい。そんな繰り返しで知らず知らずのうちに作曲することに親しんでいった。」と語っています。

大正11年、古関は福島県立福島商業学校に入学。家業である呉服店を継ぐためでしたが、第一次世界大戦終結の影響で日本は大変なインフレとなり家業をたたむことになります。しかし、ソロバンの玉よりも音符のタマの方が好きだった古関は、山田耕筰の曲に多大な影響を受けながら作曲に熱中するようになっていきます。卒業するころには「福島ハーモニカ・ソサイティー」への入会や、近代音楽家のレコードコンサートを開催していた「火の鳥の会」にも頻繁に通うようになり、そこで古関はドビュッシーやストラビンスキー、ムソルグスキーの曲と出会い強烈な衝撃を受けました。以来、近代フランスやロシアの音楽に夢中になります。

喜多三
喜多三

音楽浪人と銀行員時代

商業学校を卒業した古関は、音楽学校進学を夢見ながらもその決心がつかず、音楽生活に明け暮れているうちに1、2年が過ぎていました。そんなある日、「家でブラブラしているなら、銀行に勤めないか」と川俣銀行で頭取をしていた伯父武藤茂平に声をかけられ、行員として勤めることになります。

川俣町は福島市から20kmほど東にあり、絹の産地でした。小さな町の銀行で古関は、大きな帳簿の間に五線紙を挟んでは、愛唱していた北原白秋や三木露風の詩集の中から好きな詩を選んで作曲したりしていました。銀行に勤めるようになったものの、それまで以上に音楽熱は高揚していきます。

古関は一大決心をして学生時代からの憧れである山田耕筰に作品を送り、数回手紙の往復をおこないます。これが後に、古関の人生に大きな転機をもたらすことになります。また川俣銀行時代とその直後、古関にとって大きな出来事が起こっています。一つは、ロンドン・チェスター楽譜出版社募集のコンクールでの「竹取物語」(他4曲)2位入選。二つ目は、「竹取物語」2位入選の新聞記事が縁で、愛知県豊橋市の内山金子と文通し、出会いからわずか半年で電撃的な結婚をしたことです。

舞踊組曲「竹取物語」の入選

昭和4年7月にロンドンに送った舞踊組曲「竹取物語」(他4曲)は、世界中の一流作家をしのいでの2位入選となり、作曲家の古関裕而誕生を決定づけました。

当時の新聞ではセンセーショナルに取り上げられ、伝統と学歴を重視する日本音楽界の中で前代未聞の出来事としてとらえられました。古関は「竹取物語」の概略と内容構成を「福島商業学校五年生の時より始めて昨年5月完成。作曲の動機。5年ほど前レコードでストラビンスキーの『火の鳥』の組曲を聞いて、それからヒントを得、我が国に存在する古代物語中最古の、有名な『竹取物語』(かぐや姫)に取材した。」と話しています。

この受賞で、イギリスへの音楽留学が約束されましたが、実家の経済状況、そして内山金子との結婚のため断念するしかありませんでした。

竹取物語
竹取物語

コロムビア入社とデビュー曲

昭和5年の夏、古関に日本コロムビアから専属の作曲家になってくれないかという朗報が飛び込みます。コロムビアの専属作曲家であり顧問でもあった山田耕筰が、かつての手紙のやり取りが縁で古関を推薦したのです。

昭和6年の5月に第1回発売のレコードの話がまとまり、古関の同郷で先輩、のちにコロムビア専属作詞家になった野村俊夫とかつて制作した「福島行進曲」がデビュー曲として選ばれました。「記念すべきデビュー曲は故郷に捧げるつもりであった」と自伝で述べています。また、最初のレコードの裏面も郷里に関するもので「福島夜曲(セレナーデ)」が選ばれました。この曲は、福島で竹下夢二展が開かれたときに、竹下夢二が福島滞在中に作った詩に曲をつけたものです。

デビュー曲は期待とは裏腹に売り上げが伸びませんでしたが、入社5年目の昭和10年、大海の豪快な漁師を想う「船頭可愛や」が庶民の心を捉え大ヒットしました。

船頭可愛いや
船頭可愛いや

戦時歌謡とヒューマニズム

満州事変や2度にわたる世界大戦という激動の時代、古関は「戦時歌謡」を残しています。現在は、戦時歌謡などを「軍歌」や「軍事歌謡」と呼びますが、古関の曲は国民の心情から生まれたもので、軍の命令で制作された「軍歌」とは異なっています。しかし、当時は質実剛健、富国強兵が当たり前とされていた時代であり、「むしろ自分の職を通じて国運の勝利や栄えを祈る態度が正しいと思っていた」と古関は振り返っています。

古関は戦地や戦跡に慰問し、その悲惨さをまざまざと目にしてきました。それらの経験が「露営の歌」や「暁に祈る」の作曲に繋がりました。古関は、自分が作曲した戦時歌謡によって、兵士が戦いの疲れをいやし、気持ちが和み励まされることを願っていました。

昭和13年8月に、中支派遣軍慰問団の一員として中国の九江で軍楽隊の演奏会に出席し、「露営の歌」の作曲者として挨拶を求められたとき、「兵士達が無事に帰ることを肉親は祈っており、はたしてその中の何人が帰れるのかと思うと、万感が胸に迫り、絶句して一言もしゃべれなくなり、ただ涙があふれてきた」(自伝)のでした。古関の作る戦時歌謡は、国民の士気を鼓舞する勇猛な軍歌というより、兵士たちに寄り添い慰め、戦争により犠牲となった人々を応援し続けるエールだったのです。

古関裕而
古関裕而

永井隆博士との親交「長崎の鐘」

昭和24年4月、歌謡曲「長崎の鐘」がコロムビアから発売されました。これは永井隆著のベストセラー「長崎の鐘」や「この子を残して」をモチーフに創作されたものです。

長崎医科大学レントゲン科助教授として勤務していた敬虔なカトリック教徒の永井隆博士は、長年にわたって放射線を浴びた後遺症として慢性骨髄性白血病に侵され、その後長崎への原爆投下によって被爆してしまいます。最愛の妻を原爆で失いながらも、被爆者の救助活動に従事した永井に感銘を受け、古関は「長崎だけでなく、この戦災の受難者全員に通じる歌だと感じ、打ちひしがれた人々のために再起を願って、『なぐさめ』の部分から長調に転じて力強く歌い上げた。」と述べています。

永井はこの曲を大変喜び、古関と何回か書簡のやりとりを重ねる中で、昭和24年の終戦記念日に、病床の中で自ら編んだ木綿製のロザリオと、短歌を添えたマリア像の墨絵の奉書を贈りました。古関もまた、その短歌に曲を付け返事を返しました。

生前の永井に会うことは叶いませんでしたが、格調高く、人間性にあふれた「長崎の鐘」は高く評価され、今でも長崎市民にとって、特別な歌として親しまれています。

長崎の鐘
長崎の鐘
ロザリオ
ロザリオ

菊田一夫とコンビを組んで大活躍

古関は劇作家・菊田一夫とラジオドラマ「山から来た男」を皮切りに、菊田から音楽を依頼されるようになり、放送、演劇等、二人三脚で36年間コンビを組んで活動しました。菊田一夫は明治41年、神奈川県横浜市の生まれで、劇作家として活躍していましたが、戦後NHKラジオドラマの執筆に係わり、「鐘の鳴る丘」、「さくらんぼ大将」など、古関の音楽とともに戦争の惨禍による荒廃した時代に、聴く人々への希望を抱かせる作品を発表していきます。古関は菊田の第一印象を「彼は小柄で鼻下に髭をたくわえ、ちょっと神経質そうに見受けられたが、案外優しく、私と同じように少々どもる癖があるので、一層親しみを感じた。」と話しています。

終戦を迎えたとはいっても、戦災で父母を失った子供たちが巷にあふれ、誰しもが食糧難で生きることに精一杯だった昭和22年7月、戦災孤児、浮浪児救済のキャンペーンのため「鐘の鳴る丘」の放送が開始されました。戦後の苦しみの中にあった人々の心に温かい人間性を呼び戻したこの作品は大反響を呼び、放送は週2回から週5回に増え、3年6ヶ月790回にわたりました。菊田の音楽効果をねらう要求は日に日に細かくなり、当時は生放送であったため即興曲のようなことにもなりましたが、古関が演奏に重用していたハモンドオルガンの、即座に音色を変えられ、2億数千万種の音色が出せる機能が存分に発揮されました。

「鐘の鳴る丘」の成功を受けて、引き続き子ども向けの番組として菊田とのコンビで放送したのが、昭和26年放送の「さくらんぼ大将」です。この作品は、福島市飯坂町茂庭が舞台となりました。茂庭は福島市の奥座敷として栄えた飯坂温泉から、さらに12kmほど山奥の摺上川の上流に位置した静かな村で、さくらんぼの産地でした。菊田が書いた台本を古関が福島の方言になおした番組は大人気となります。

古関は菊田を「私の音楽に対する最大の理解者であると同時に、作曲意欲を湧かせる私の源泉」と評しており、昭和48年の菊田の死は、古関に大きな寂寥感を与えました。古関は「私の心に空洞ができた。それが日増しに大きくなっていく。オペラもミュージカルも、舞台音楽も、何もかもやりたいと思っていたものが、みんなできなくなってしまった。そしてこの時、菊田さんが幕を降ろしたのなら、私もそうしようかと思った。」と自伝で語っています。

乗り物シリーズで人気を博した作詞家・丘灯至夫

菊田と古関がコンビを組んで活躍するのと同じころ、古関は同郷の作詞家・丘灯至夫ともダッグを組んで「高原列車は行く」「あこがれの郵便馬車」など『乗り物シリーズ』と呼ばれる楽曲を生み出していきます。

丘灯至夫は福島県小野町出身で大正6年生まれ。毎日新聞の記者として活躍後、昭和24年コロムビアの専属作詞家となりました。2人は昭和11年から、古関が亡くなるまで50年あまりの間、交流がありました。丘は「古関さんは詩を大事にしてくれて、詩のイメージを作曲に活かしてくれる。」と話しており、2人は口ずさみたくなるような歌詞と軽快なメロディーを数多く残しています。

高原列車は行く
高原列車は行く

作曲家の高みへ

昭和39年(1964年)10月10日、アジア初の東京オリンピックの開催が決まり、古関は長年の作曲活動を高く評価され、「オリンピック・マーチ」の作曲を依頼されることになりました。アジア初の東京大会であることから、勇壮ななかにも日本的な味を出そうと考え、曲の初めははつらつとし、終わりの部分でオリンピックの日本開催を象徴するために「君が代」の一節を取り入れました。

「私の長い作曲生活の中で、ライフ・ワークというべきもので、一世一代の作として精魂込めて作曲しました。華やかな舞台を盛り立てるにふさわしいものと自負しています。」と古関は語っています。この自信の通り、マーチ発表後のオリンピック組織委員会には世界各国から作曲者の問い合わせが殺到しました。

オリンピックという最高の舞台で古関の美しい旋律が開花し、ここに世界的な作曲家・古関裕而が誕生しました。

「オリンピックマーチ」楽譜
「オリンピックマーチ」楽譜

歌い継がれる不滅の古関メロディー

古関が誕生して100年以上が経った現在でも、古関メロディーは私たちに歌い継がれています。古関は故郷、福島の人を大切にしていました。妻金子に「何でも福島なのね」とやきもちを焼かれたという逸話も残っています。

生涯に5,000曲も作曲した古関ですが、福島市にゆかりのある曲として「阿武隈の歌」や「わらじ音頭」などがあります。「阿武隈の歌」は福島市を訪れた歌人若山牧水の歌に、古関が曲を付けたものです。悠々とそびえる阿武隈山地や、田畑が広がる福島盆地を彷彿とさせる曲は、福島の自然を知り尽くした古関にとっては当然のことでした。

また、福島市の夏の風物詩、長さ12m、重さ2tの大わらじを奉納する、福島わらじまつりの「わらじ音頭」も古関の手によるものです。「(わらじ音頭を)市民のみなさんで育ててやってください。」という古関の言葉の通り、アレンジされ福島の夏を彩る「わらじ祭り」を盛り上げています。

日本音楽史上、永きにわたり色褪せることなく燦さんぜん然と輝く古関メロディー。私たちはこれからも、古関裕而を誇りとし、歌い上げ、継承していきます。

福島市古関裕而記念館Yuki Koseki Memorial Hall

昭和を彩る名曲を生んだ作曲家・古関裕而の功績をたどる記念館。
福島市名誉市民第1号である氏ゆかりの品々や愛用のハモンドオルガン等が展示されています。

詳しく見る

関連商品 Item

古関裕而のオリジナル商品をご紹介。

純米大吟醸 古関メロディー

¥3,960〜6,930円(税込)

福島県独自米の福乃香をつかっています。古関先生自身の絵と文のラベル、箱 ...

詳細を見る

花見山めん

¥1,080円(税込)

やない製麺の「花見山めん」は、福島が誇る花の名所「花見山」を表現した麺 ...

詳細を見る

ふくしま発 玄米ほうじ茶

¥864円(税込)

旧式ほうじ茶焙煎機を活用し、香り味抜群のほうじ茶に地元ふくしま産の玄米 ...

詳細を見る