古関裕而のまち 福島市

古関裕而について

About Yuji Koseki

古関裕而とは

古関裕而(本名、古関勇治)は、明治42年(1909年)福島市大町に生まれ、昭和5年(1930年)9月に日本コロムビア(株)に作曲家として入社、以来、作曲活動を継続し、戦前においては「露営の歌」(昭和12年)、「暁に祈る」(昭和15年)等の歴史的作品を残したほか、戦後の荒廃した社会の中にあっては「とんがり帽子」「長崎の鐘」等未来へ希望を抱かせる明るい歌謡作品を発表し多くの人に愛唱されています。

さらに、菊田一夫氏とのコンビで昭和22年(1947年)以降は放送作品に力をそそぎ、NHKラジオ・ドラマ「鐘の鳴る丘」「さくらんぼ大将」「君の名は」等の主題歌を発表し一世を風靡したことはあまりにも有名です。こうした数々の放送関係における業績により同28年(1953年)NHK放送文化賞を受賞しました。

また、昭和39年(1964年)アジアで初めて開催されました東京オリンピックの選手入場行進曲「オリンピック・マーチ」 を作曲しました。作曲作品総数は、5,000曲にもおよび、スポーツ・ラジオドラマ・歌謡曲・演劇・校歌・社歌等、多岐にわたっています。こうした一連の功績によって昭和44年(1969年)には紫綬褒章を受章しています。

また、昭和54年(1979年)4月には福島市名誉市民第一号となり、その功績と栄誉をたたえられています。

※「福島市古関裕而記念館」引用

古関裕而

略年譜Chronology

詳しく見る

福島市名誉市民第一号Fukushima City Honorary Citizen

詳しく見る

あれもこれも“古関メロディー”

生涯に5,000曲もの作曲をした古関裕而。作曲には楽器類は使わず、書斎で作曲したと言われています。
校歌、応援歌、映画音楽、オペラ、ミュージカル、民謡、クラシック、スポーツ音楽など、
様々なジャンルの作曲をされました。そのなかで、「えっ?あの曲も?」という曲をピックアップしてみました。

モスラの歌 作詞:由紀こうじ(昭和36年)

昭和36年に東宝により公開された映画「モスラ」で劇中に使われた曲です。
ザ・ピーナッツ扮する小美人がモスラを呼び出す歌として作曲され、日本の劇中音楽のなかでも、今なお多くの人々の耳に
残っている曲の一つと言えるでしょう。作詞の「由紀こうじ」は、田中友幸、本多猪四郎、関沢新一の3人の共同ペンネームであり、当初、歌詞は日本語で書かれ、インドネシア語に翻訳されて使われました。
劇中に使われた多くの音楽(効果音楽)も古関が担当しましたが、古関メロディーの懐の深さをうかがい知ることができます。

別れのワルツ スコットランド民謡(昭和24年)

スコットランド民謡「Auld Lang Syne」(オールド・ラング・サイン。日本では「蛍の光」として有名)が、昭和24年公開のアメリカ映画「哀愁」で効果的にアレンジされました。そのアレンジを参考に、古関裕而が新しく手を加え(編曲)、コロムビアの洋楽盤「別れのワルツ“FarewellWaltz”」として発売されました。
そのレコードには、古関裕而の名前をもじった、編曲:ユージン・コスマン演奏:ユージン・コスマン管弦楽団と表記されていた上、レコード規格が洋楽規格でしたので、当時の人々は外国録音のレコードと信じて疑わなかったといいます。現在でもデパートやレストランなどの閉店時のBGMとして使われている「あの曲」です。

六甲おろし 作詞:佐藤惣之助(昭和11年)

正式名称「阪神タイガースの歌」ですが、一般的には「六甲おろし」として今もなお、阪神ファンに親しまれています。
作曲当時は、「大阪タイガースの歌」でしたが、現存するプロ野球球団のなかでも、最も古い球団歌です。
作詞を担当した佐藤惣之助は、神奈川県川崎市の出身であり、佐藤の生家跡地は現在、川崎信用金庫本店となっており、敷地内に「佐藤惣之助生誕の地碑」が建っております。なお、川崎信用金庫の社歌は、古関裕而の作曲というのも、「偶然」という言葉では言い表せない「縁」を感じさせます。また、「巨人軍の歌」(闘魂込めて)も古関裕而作曲(昭和38年)であり、ライバル同士の球団歌を作曲しているのも古関の特筆すべき点でしょう。

関連商品 Item

古関裕而のオリジナル商品をご紹介。

純米大吟醸 古関メロディー

¥3,960〜6,930円(税込)

福島県独自米の福乃香をつかっています。古関先生自身の絵と文のラベル、箱 ...

詳細を見る

花見山めん

¥1,080円(税込)

やない製麺の「花見山めん」は、福島が誇る花の名所「花見山」を表現した麺 ...

詳細を見る

ふくしま発 玄米ほうじ茶

¥864円(税込)

旧式ほうじ茶焙煎機を活用し、香り味抜群のほうじ茶に地元ふくしま産の玄米 ...

詳細を見る